LCインナーボール 使い方 痛い

 

女性のデリケートな悩みにこたえる膣トレ器具「LCインナーボール」

 

器具を見て、「どうやって使うの?」と思う方は多いのではないでしょうか?正しく使わないと逆効果の恐れがあり、注意が必要なのです。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

>>LCインナーボールを先に見に行く

 

 

LCインナーボールの誤った使い方

 

こんな時に使っても逆効果になるだけですので、絶対に使用しないでください。

 

  • デリケートゾーン付近に傷や腫物、湿疹などがある場合
  • 生理のとき(衛生上の問題)
  • 使用を続けていて女性器が赤くなる、痛みが出る、出血するといった異常が現れた場合

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

また、LCインナーボールは「無理なく」、「膣トレ」をする器具ですので、以下のような使用方法も厳禁です。

  • 慣れないうちから無理な使い方をする。
  • 潤滑油代わりにボディーソープなどの洗剤を使う
  • 膣の奥に無理やり突っ込むといった危険行為をする。
  • その他、膣トレ以外の用途で使用する。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

LCインナーボールの正しい使い方

 

さて、今度はLCインナーボールの正しい使い方について説明していきます。実は、LCインナーボールの側面に簡単な使用方法は記載しています。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

  • 必ずリラックスした状態で使用する
  • 全身の力を抜き、インナーボールを挿入、ヒモが外に出るようにする。
  • はじめのうちはボール1個、慣れてきたら2個
  • 目安の時間は10〜15分
  • ゆったりと楽な体勢で使用する

 

以下、詳細に解説していきます。

 

LCインナーボールをリラックスした状態で使用する

 

できれば、お風呂に入った後や就寝前といった比較的余裕のある時間帯に使うのがよいです。

 

また、家族と同居している方はばれない時間帯というのも重要かもしれません。変に緊張すると筋肉が硬直したりしますので・・・

 

また、ソファーや腰掛椅子など、楽な体勢が取れる家具を利用すると、よりリラックスした環境を作り出すことができます。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

LCインナーボールを挿入する

 

より効率的に挿入を行うための準備について紹介します。

 

LCインナーボール挿入前にストレッチを行う

 

慣れていない状態で挿入すると痛みを感じることがあるため、女性器(膣)周辺の筋肉をリラックスさせるためにもインナーボールを挿入する前に軽いストレッチを行います。

 

ストレッチはとっても簡単で

 

「お尻の入り口(肛門)を10秒締めて緩める」

 

これを3回繰り返せばOKです。立ってても座っていてもできますし、電車や家事をしながらでもできるお手軽なウォーミングアップになります。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

LCインナーボール挿入前にローションなどを使う

 

ローションなどの潤滑油を使っておくと、インナーボールをよりスムーズに挿入することが可能です。

 

冒頭にも述べた通り、ボディーソープなどの洗剤は膣内の自浄作用を壊す行為になってしまい、おりものが増える原因にもなりますので、ちゃんと膣内に入れても問題の無いものを使いましょう。

 

当サイトではラブスライドというモイスチャージェルをお勧めしています。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

ただ、肌との相性もありますので、ご自分に合ったものを使うのが一番いいのではないかと思います。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

慣れてきたら2個にする

 

Yahoo知恵袋などを見ていると、

 

「使い始めてからどれくらいで2個にしたらいいですか」

 

といった質問もありますが、基本的には使用者の状態に依存します。

 

まずは1個で様子を見つつ、余裕ができてきたら2個にするとよいでしょう。

 

冒頭にも申し上げた通り、いきなり2個にすると膣周辺が傷つく恐れがあります。

 

挿入位置の目安

 

LCインナーボールをどれくらい深く挿入すればいいのか、という疑問については

 

「ヒモがついてる根本部分がちょっと外に出るくらい」

 

最大でもそこまで入れば十分とのことです。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

挿入の位置よりも、挿入時にボールを意識し、引き締めと緩めを交互に繰り返すことが重要です。

 

使用時間

 

目安が10分〜15分と記載されていますが、それ以上、例えば1日中入れっぱなしにすればどうなるのでしょうか?

 

結論から言うとあまりお勧めできないです。

 

長期間の使用により、膣内が炎症を起こしたりするリスクもありますし、使用時に引き締めと緩めを繰り返すことに意義がありますので、基本的に入れっぱなしにしてもほとんど効果がありません。

 

逆に短い場合でも、引き締めと緩めを意識すれば効果は現れるのでしょうが、効果的に膣トレを行うためには10〜15分くらいの時間が必要とのことです。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

その他注意事項

 

LCインナーボールを使う上でその他注意すべきことを説明します。

 

ヒモがちぎれないように

 

 

LCインナーボールのヒモはエラストマーというシリコンを使用しています。

 

エラストマーは医療器具にも使用されており、簡単に汚れが取れる上に劣化しにくいので、長期間使っても切れたりするリスクは低いです。

 

このヒモはインナーボールを膣内から引っ張り出すために使用しますが、あまり強く引きすぎるとシリコン部分が避ける恐れがありますので、膣内から取り出すときはゆっくり引っ張るようにしましょう。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

使用後の手入れ

 

LCインナーボールを使った後は、専用のクリーナー(なければ、通常の洗剤でも可)かぬるま湯で洗った後に乾かしてからビニール袋にピッタリ包んで保管用の袋に入れておきましょう。

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

なお、自分の体のほうはそんなに念入りに洗わなくて大丈夫で、むしろ洗いすぎると冒頭でも説明した通り、自浄作用が弱くなってオリモノの量が増えるので要注意です。

 

こんな人におすすめなLCインナーボール

 

 

膣の締まりについて以下の自覚症状がある場合は一度LCインナーボールを検討してみるとよいでしょう。

 

  • 膣の締まりが気になる
  • 膣の中にお湯が入りやすい
  • 尿漏れがする、気になる
  • おしっこの途中で尿が止められない
  • 感度が落ちている、不感症かもしれない

 

【逆効果】LCインナーボールは正しく使わないと痛いし、後悔します

 

>>LCインナーボールを見に行く